クマのブログに来てくれてありがとうクマ🐻ゆっくりしていってクマ~ 🐻🐻🐻🐻🐻

【日本株🗾】知名度低め×高配当×10年以上連続増配 15銘柄まとめ【欲張り銘柄】

こんにちクマ🐻

日本でも連続増配指数が新たに設定されたりして、連続増配銘柄に対する関心が高まってきたクマね。
とはいえ、日経がだいぶ高い水準なので、積極的に買いに向かえるような局面ではなさそうだけどクマー

さて、今回はタイトル通り「知名度があまり高くなく、配当利回りが高い10年以上連続増配銘柄」をご紹介させていただくクマ!

特に以下に当てはまる方々にとってすごく役に立つ記事だと思うクマね~

✅コツコツ配当金を増やしていきたい
✅連続増配銘柄をたくさん知っておきたい
✅有名な銘柄はもう見飽きた

本記事を参考に、ご自身に合う銘柄を探すきっかけになれれば嬉しいクマ!

投資熊
皆さんの銘柄検討のお役に立てる記事になってるクマね!
熱烈ないいね・リツイートよろしクマー🐻
【お得なお知らせ💰】
詳しくは「お得なお知らせ」の章を見てほしいクマ🐻

✅IG証券(最大5万円お得!)
 →7/1~8/31まで
 ①口座開設+入金&取引条件クリアで「各種先着600名」に「最大5万円」キャッシュバック

【ユニークなサービス🌞】
詳しくは「ユニークなサービス」の章を見てほしいクマ🐻
✅AIトレードサービス【マイメイト】
 →自分で好きなAIを選んで運用を任せられるFX「マイメイト」

目次は↓をポチっとクマ🐻

一緒に読んでおきたい関連記事

※過去記事なので、色々データは変わってしまっているけど、幅広く検討する材料にはなると思うクマ🐻

✅高配当投資に興味がある!もっとたくさんの銘柄が知りたい!
 👇【日本株】有名な高配当50銘柄 配当利回りランキング👑【高配当】

記事こちら

✅連続増配銘柄に興味がある!もっとたくさんの銘柄が知りたい!
 👇【連続増配】日本と米国の連続増配年数ランキング上位20銘柄まとめ【ランキング】

記事こちら

✅米国の「高配当ETF」にも興味がある!比較したものはないの?
 👇【完全比較】米国配当ETF10銘柄ランキング!【大人気高配当ETFの総合力は?】

記事こちら

注意点(必読)

✅本記事のテーマである「知名度低」の定義は、クマの独断と偏見クマー🐻🐻

✅本記事における銘柄に対するクマのスタンスは、「リサーチ結果のまとめ&紹介」であり、決してそのまま真似すること、購入、売却など特定の投資行動を誘導するものではないクマ

✅あくまでも断片的な情報の提供であり、 銘柄選びの参考資料という位置づけなので、完璧な資料ではないクマ

✅万全を期してるけど、データが最新のものではなかったり、間違いがある可能性もあるクマ

✅データはサイトによって定義などが微妙に違っていたりするので、他のサイトとは情報が異なっている場合もあるクマ

✅本記事で紹介した銘柄の今後に関しては一切言及しないクマ
 →あくまでも実績(ファクト)にのみ触れており、今後の予測などは一切しない

✅データは2023/7/14時点(終値)クマ
 →増配予定などの全てのデータは7/14時点のデータなので、それ以降のデータは反映していない

✅配当利回りは「予想利回り」クマ
 →今期予想配当額÷7/14終値

✅中にはまれに権利付き最終日が他と違っていたり、特別配当で利回りが上がっている場合があるので、保有するなら一回はご自身でしっかり調べてほしいクマ

✅非減配期間や連続増配期間を算定するにあたって、「記念配当」や「特別配当」は除いてカウントしているクマ
 →いちいち手作業で過去を遡ってチェックして計算してるのでミスがあるかもクマー😭

✅「10年増配率」は10年前 VS 直近実績の切り取りであり、直近10年非減配銘柄のみ算定しているクマ
 →2点間におけるただの切り取りなので、10年前が低すぎる・直近急激に増配したなどあれば、増配率が特に高く出てしまうことがあるクマ(10年間の推移をちゃんと調べてクマ!)

記事の活用にあたって必ずやっていただきたいこと

投資熊
いくら連続増配銘柄だからといって安心しきっちゃいけないクマ!

✅なぜ配当金目的の投資をするのかしっかり考える
 →銘柄によっては利回りが高くても株価が犠牲になり、結局は資産があまり増えていないパターンもある
 →株価を犠牲にしてでもインカムが欲しい!という考え方は実は相当危険で、株価が下がって高配当になっているような銘柄は、減配リスクが高いので、その考え方は根底から崩れる可能性が高い
 →利回りが高い銘柄は必ず理由がある(株価下落、特別配当、景気連動など)ので、それをしっかり突き止めてから保有した方がいい
 →特に「毎月配当」に変にこだわりすぎると、その条件を充足させるためにリスクが高いような余計な銘柄を入れる必要があって、必要以上にリターンを削ることにもつながるので、よく考えた方がいい

✅長期の株価チャートをチェック
 →特に株価が下がって高配当になった銘柄は要注意(業績が悪化しており、株価下落中→いずれは減配する可能性)

✅あくまでもデータはファクトで、過去は未来を保証しないので、企業分析をしっかりしたうえで保有する
 →過去の栄光が当たり前のように今後も続くと決めつけず、しっかり調べる

✅局面ごとに強い・弱い銘柄があるので、必ずそれを加味した上でポートフォリオに組み込む
 →特に最近だとコロナで強くなった銘柄とそうでない銘柄をしっかり見極める

✅複数年のデータを調べる
 →多くの指標(売上高、EPS、配当性向など)がコロナをきっかけに急激に上がったり落ちたりしているし、単年度のデータだけではその銘柄の全体像がつかめないので、今回出させてもらった単年度データではなく、必ず複数年のデータをチェックする
 →単年度データ(特定のデータ)のみで判断してしまうと、全体像を見誤る危険性が非常に高まる

おすすめの証券会社!

投資熊
証券口座を作るなら「SBI証券」もおすすめクマ!

👑SBI証券

✅口座開設数No.1

✅業界屈指の格安手数料

✅厳選米国ETFの買付手数料無料

✅日本株も1株から買えて買い付け手数料無料

✅NISA・つみたてNISA口座にも対応

✅IPO取扱銘柄が充実
 →取扱銘柄比率:94.7%/過去5年

✅9か国の銘柄が買える

👇口座開設はこちらから👇 #ad

15銘柄まとめ

投資熊
利回り順に並べたクマよ~

今回は比較的知名度が低い(クマの主観だけどクマー🐻)銘柄がテーマだし、過去の業績における特記事項など補足説明が必要な銘柄もあるので、以下にて手短に今回の15銘柄の企業概要と注意点を記載しておくクマ~

※企業概要はマネックス証券「銘柄スカウター」を参照
※懸念ポイントは赤字

■スカラ(4845)
ITサービス会社グループ
IT/AI/IoT/DX事業として自動音声技術を利用した企業向けSaaS/ASP(サイト支援・検索、CMS・CRM、電話系)サービスを提供。その他、カスタマーサポート、人材・教育、EC(リユースECサイト運営)、保険、投資・インキュベーションの各事業

※2020年6月期の配当性向100%超え
※2022年6月期は赤字

■山口フィナンシャルグループ(8418)
山口銀行、もみじ銀行(旧広島総合銀行・せとうち銀行)、北九州銀行を傘下とする持株会社
山口県・広島県・北九州市で銀行業務を中心に、証券、クレジットカード、リース、コンサルティング業務などを展開

※2022年3月期は赤字

■OCHIホールディングス(3166)
住宅資材商社の越智産業を中核とする資材流通グループ、西日本最大手
建材(住宅関連資材、合板・建材、住宅設備機器)、環境アメニティ(空調・暖房器・家庭用品販売)、加工、エンジニアリングの各事業

■北陸電気工事(1930)
総合設備工事会社(北陸電力グループ)
電力設備工事(配電設備、送変電、電力供給、外線工事)、電気・空調・給排水設備工事(内線・電気通信・空調管工事)、土木工事、再エネ工事を受託・施工

※10年以上前に配当性向100%超えたことあり

■青山財産ネットワークス(8929)
資産コンサルティング会社
財産・財務コンサルティングに特化、「相続・承継・運用・不動産」を業務の主軸に、個人資産家・企業オーナーに専門性を活かした財産承継・事業承継・財産運用コンサルティングを提供

※10年以上前に赤字歴あり

■アイカ工業(4206)
建材・接着剤メーカー
樹脂合成技術を活かした化成品(接着剤、建設樹脂/外装内装仕上塗材・補修補強材、機能材料、有機微粒子)、建装材(メラミン化粧板、化粧合板、室内用ドア、インテリア建材)の製造販売

※まだ心配な水準ではないが配当性向が上昇傾向

■ジーテクト(5970)
車体専門の自動車部品メーカー(ホンダ系列)
自動車用車体骨格部品・トランスミッション部品の開発・設計・製造・販売、エンジニアリング、プレス金型生産システム・治工具の設計・製作

■長瀬産業(8012)
創業180年の大手化学品商社
海外30カ国拠点と110超のグループ会社により機能素材、加工材料、電子・エネルギー、モビリティ、生活関連の5事業領域の商品・サービスの輸出入・販売

■コンドーテック(7438)
産業資材メーカー&商社
工事関連業界(金物屋・問屋・ホームセンター、鉄骨加工業者、電気工事業者、家電小売店)向けインフラ・環境資材(産業・鉄鋼・建設・電設・管工機材)の製造販売と仕入販売
産業資材、鉄構資材、電設資材、足場工事の4セグメント

■ニチアス(5393)
産業資材メーカー
保温・断熱技術を基盤に「トンボブランド」のガスケット・パッキン・断熱材・ふっ素樹脂製品・自動車部品・建材の製造販売、プラント向け工事施工、プラント設備の常駐エンジニアリングを営む

■積水化学工業(4204)
大手樹脂加工メーカー
住宅(ユニット「セキスイハイム」、分譲)、環境・ライフライン(塩化ビニル管、管工機材、機能材料)、高機能プラスチックス(エレクトロニクス、モビリティ、住インフラ材)事業を展開

■アルフレッサ ホールディングス(2784)
医薬品卸大手
病院・診療所・調剤薬局向け医療用医薬品(医薬品、診断薬、検査試薬、医療機器・材料)の卸売、セルフメディケーション(ドラッグストア向け一般用医薬品・健康食品・ヘルスケア商品)の卸売

※2024年3月期の2四半期末配当金と期末配当金にそれぞれ記念配当5円含む

■グローブライド(7990)
釣具世界トップのスポーツ・レジャー用品メーカー(旧:ダイワ精工)
「ライフタイム・スポーツ・カンパニー」として釣り用品の「ダイワ」を中心にゴルフ製品、ラケット製品、サイクルスポーツ製品を製造販売
フィッシング・タックル分野の売上高は世界トップ

※10年以上前に配当性向100%超えたことあり

■住友電設(1949)
設備エンジニアリング会社、住友電気工業の子会社
電力・ビル・工場の設備工事(架空送電・地中送電・変電工事、電気工事)、環境・IoT関連工事、プラント・空調工事、エンジニアリングサービスを営む

■日本ゼオン(4205)
合成ゴム・高機能樹脂の石油化学メーカー
エラストマー素材(タイヤ用合成ゴム、合成ラテックス、化成品)、高機能材料(高機能樹脂、化学品/合成香料・工業薬品、電子材料、電池材料、医療器材)の製造・販売

15銘柄まとめ ~連続増配年数順~

投資熊
連続増配年数順に並べてみたクマ~

✅19年連続増配
・アルフレッサ ホールディングス

✅14年連続増配
・ニチアス
・アイカ工業

✅13年連続増配
・スカラ
・ジーテクト
・積水化学工業
・日本ゼオン
・長瀬産業

✅12年連続増配
・青山財産ネットワークス
・OCHIホールディングス
・北陸電気工事
・住友電設
・グローブライド
・山口フィナンシャルグループ
・コンドーテック

15銘柄まとめ ~10年増配率順~

投資熊
10年増配率で並べてみたクマ!

連続増配銘柄の投資の妙味って、配当金がどんどん増えていくことだと思うクマね~
それぞれの銘柄が直近10期(実績)において、どれだけ配当金を伸ばしてきたか一目で分かるクマ!

✅上位5銘柄
・1位👉青山財産ネットワークス:9.33倍
・2位👉OCHIホールディングス:8.67倍
・3位👉スカラ:6倍
・4位👉北陸電気工事:5.4倍
・5位👉住友電設:5.22倍

上位5銘柄はどれも直近10年で5倍以上配当金を伸ばしてるクマね!
ただ、一つ気をつけなきゃいけないことは「今後もこの調子で伸びるとは限らない」ことクマ!
これだけ見て銘柄に飛びつくことはしない方がいいクマ~

所感

繰り返すけれど、今回取り上げた銘柄たちは「おすすめの意図は一切合切ない」ということを皆さんに改めて知っていただきたいクマ。
そのうえで、クマの感想を述べていきたいクマね。
客観的に自分で評価したい!という方は読み飛ばしてもらってOKクマ~

今回はテーマ自体が「知名度が低い銘柄」なので、みんな知ってるような銘柄はほぼなかったと思うクマ。
人によって定義や捉え方は違うけど、いわゆる「優良銘柄」と言ってもよさげな銘柄もあれば、意外と懸念ポイントがある銘柄もちょいちょいあったクマね。

人によって考え方は様々あるので、ごちゃごちゃ言うつもりもないけど、特に配当金投資をやるにあたって(今回の銘柄限らず)これだけは知っていただきたいクマ。

「株価はどうでもいい!目先の配当金があればいいし、配当で元を取る!」という考え方クマね。
クマもこの考え方にはある程度賛成クマ。
しかし、これは非常に危ない考え方で、株価が下がるということは、業績をはじめに何かした不安要素があることの現れでもあり、減配やひどい場合は無配になってしまい、その考え方は根底から覆ることも大いにあるクマ。

となると、株価は株価で落ちまくって、配当も減配で思うほど取れず、ただの爆損マン💣📉になっちゃうクマね。
配当金投資をするなら、この辺しっかり考えてからの方がいいと思うクマー

今回取り上げたのは10年以上連続増配銘柄のみだったので、どれも業界内でそれなりの地位を持っていたり、その企業ならではのはっきりとした強みを持つ企業が多い印象クマ。
10年以上も連続増配をやれる力があるので、非常に強い証にもなってるクマね~

とはいえ、1つ見逃してはいけないのが、「実績=あくまでも過去」クマ。

よく、米国株に投資する人が分かって言ってるのか、分かってないで受け売りしているのか、よく分からないけど、「過去ずっと右肩上がりだからこれからも右肩上がりである」みたいなことを言っているけれど、クマは意味が通じているようで意味が通じてないと思うクマ。
(影響はなくはないクマ。株価がずっと上がり調子であれば、その波に乗りたがる人も多いからクマ。)

なぜなら、ずっと右肩上がりなのは本質的な理由があるからクマ。
たとえば、米国は世界の産業の中心、人口増加傾向、株主ファーストのマインドの浸透、経済政策、強い外交力(軍事力)などなど、色んな本質的な理由があって株価が右肩上がりになってるわけで、株価が右肩上がりだったからというわけではないと思うクマー

ちょっと話がそれたけど、過去と未来は別個のものとして考えるべきで、特に今後もこの調子を維持できる本質的な理由はしっかりあるのかどうか、それをしっかり調べてほしいクマね!

お得なお知らせ💰

お得なキャンペーンをPRさせていただくクマ🐻🐻🐻🐻🐻🐻🐻
興味があるプログラムはリンク先からどうぞクマ~

✅IG証券(最大5万円お得!)
 →7/1~8/31まで 
 ①口座開設+入金&取引条件クリアで「各種先着600名」に「最大5万円」キャッシュバック

👇IG証券 公式サイト👇

クマはIG証券のCFDでちょくちょく小銭稼ぎ中クマね!(意外と楽しいクマよ🐻)
CFDを使って、今人気のコモディティを取引したり、ショートから入って下落相場でも稼いだり、日本では買えない銘柄が買えたり、クマとしてはIG証券は持っておけば何かと使い勝手がいいと思ってるクマよ🐻
(最近は日経が激アツ🔥なので、日経でちょいちょい遊んでるクマ~)※おすすめの意図なし

👆デモ口座だけど、IG証券ではこんな感じで簡単に取引ができるクマ!
CFDが最近結構流行ってるけど、当然リスクはあるので、IG証券は口座があればすぐデモ口座が作れるし、実際に飛び込む前に練習するのがいいと思うクマ~

ユニークなサービス🌞

✅AIトレードサービス【マイメイト】

こちらでは面白いサービスをPRさせてクマ!!🐻
インヴァスト証券がリリースした、ユニークなキャラクターとコンセプトのAIトレードサービス「マイメイト」クマね~

自分でAIを作ったり、優秀なAIを選んで、FXトレードを任せることができるクマね~🐻

AIを育成する(取引を通じて自動学習していくのと、いい取引は「褒める」、悪い取引は「叱る」ことができるクマね🐻)ことで自分好みのAIを作り上げることもできるクマ!!!(当然リスクはあるクマよ🐻)

「AI×FX」に興味がある方は是非どうぞクマ~

👇マイメイト 公式サイト👇

マイメイト

最後に

日経平均が歴史的な高水準であり、日本株が全体的に強い相場クマ。
(これがいつまで続くかは分からないけどクマー)
そのおかげでどの銘柄も配当利回りが下がっているクマね。
配当金投資するには躊躇われる局面クマー

相場は絶好調だけど、去年のような相場の不調でだいぶ食らってしまって配当株で安定を図りたい、元から配当が好きで配当金目的の投資をしている、これから配当金目的の投資をしてみたい!など、様々な方がいらっしゃると思うクマね。

人によって投資方法や考え方は千差万別なので、クマがどうこう言うつもりはないけど、冒頭の「記事の活用にあたって必ずやっていただきたいこと」の章や各章でも述べたように、まず保有するなら自分の軸を定め、メリットデメリットしっかりあぶり出して、かつ長期的な視点で分析する必要があるし、どのタイプの銘柄であっても「実績は実績、今後は今後」としてしっかりすみ分けて考える必要があるクマね。

目先に釣られることなく、過去を頼みにしすぎることなく、ご自身でしっかり調べて、特にとある期間だけ切り取るのではなく、複数年―できれば長期のデータを基に保有を判断してほしいクマ。

面倒だとは思うけど、目先だけ考えずに、長期的に、できるだけ広く見て判断したいクマね!

長文になっちゃったけど、今回はここまでクマ。

「Twitterフォロー、リツイート」を与えると喜ぶクマ🐻
また、無断転載、許可なき加工・フォーマットのパクリ、リライトはこれらを一切禁ずるクマ。
発覚した場合、厳正な処置を取るクマ。
参考にしたならその旨ちゃんと明示してほしいクマ。
ぜひ、多くの人に届くように、何卒「いいね・リツイート」をよろしクマ!

最新情報をチェックしよう!