クマのブログに来てくれてありがとうクマ🐻ゆっくりしていってクマ~ 🐻🐻🐻🐻🐻

【運用実績】2021年6月 運用実績公開🐻

こんにちクマ🐻

早いもので6月も終わり、2021年も折り返しクマね!
6月もちょくちょく調整はあったものの、比較的平穏な相場だったんじゃないかなーと思うクマ。
そんな中で、クマの運用状況はどうだったのか!?
というわけで、月末恒例の運用実績クマね~🐻

投資熊
いい時も悪い時も公開するクマよ~
✅インデックスをコアに据えつつさまざまなトッピングを加えることで、「インデックス越えを目指す」クマのリアルな損益を知ることができる
前回の運用実績は【🐻こちら🐻

目次は↓をポチっとクマ🐻

注意点

✅パフォーマンス上位・下位ランキングの算出は株価のみで配当は含めない

✅2021/6/30終値ベース

✅企業型DCは含まない

株・現金・コモディティ比率

💹株式68.9%(前回比 -12.3ポイント)
💴現金30.3%(前回比 +12.3ポイント)
ゴールド0.7%(前回比 -0.1ポイント)

✅夏ボーナスにより、現金の大量確保に成功!!

気になるクマの夏ボーナス額は【🐻こちら🐻

正直、先月までは現金比率が危険水準(20%)を割ってしまっても、指数が上がってるので若干無理して買い増しを続けてたけど、これでしばらくは安心して買い増しができるクマね~🐻🐻🐻

ポートフォリオ国家比率

投資熊
米国株割合がまだまだ低いクマ!
日本株は4年以上前からやってるけど、米国株は始めてちょうど1年くらいだからクマね~🐻

✅日本株割合73.0%(̠̠前回比 -2.1ポイント)

✅米国株割合27.0%(前回比 +2.1ポイント)

煙草熊
実は6月は大きな額の買い増しはしなかったけど、米国株割合が高まった理由の1つとして「JTの株価下落」があるクマね~🚬🚬🚬
JTは6月に権利落ちがあるからクマ!

せどりなどはやっておらず、「自分が納得して自信もって人におすすめできる」ものでないとアフィリエイトや企業案件も受けず、入金力に限りがあるので急激には米国株比率を増やせないクマ。
とはいえ、全く何もしなかったわけではなく、給料から捻出した資金に加え、一株ずつ数年かけた集めた株からの配当金を買い増しに充てたことで順調に資産は増やせたクマ🐻
当面の目標は「日本株:米国株比率を50:50」にすることクマ!

配当受取見込み額⛄❆

日本株+米国株合わせて、今のところ税引き前

約12万6000円

の予定クマね~
(1$=111.1円換算)

投資熊
ちなみに先月と比べて1,000円ほど見込み額が増えたクマ~

税引き前とはいえ、毎月1万円以上クマ。
1万円で言うと、大体日給と同じくらいクマね!
不労所得が毎月1万円って考えると、毎月1日は働かなくてもお金が入ってくるというという考え方もできるので、何だかちょっとお金持ちになった気がするクマ~🐻
今後もずっとコツコツ積み重ねるとすごい額になるので、今後も配当の雪だるまを⛄をどんどん大きくしていくクマよ~

ダーククマ
一株取引は今まで「ネオモバ」が一番手数料的には安かったけど。7月からマネックス証券が一株取引の「買い付け手数料」を無料にするとのことなので、そちらに期待クマね!
煙草熊
一株取引でもう1つおすすめなのが、期間限定の「初株キャンペーン」でクイズに答えて「最大3株分の購入代金がもらえる」LINE証券クマ!
LINE証券はキャンペーンが定期的にあるので、非常にお得な証券会社クマね~🚬🚬🚬
ダーククマ
お小遣い案件で、LINE証券の口座開設と同時にLINE FXの口座開設もして、1取引すれば「最大5,000円もらえる」キャンペーンもやってるクマね~
1取引だけやってキャンペーンでゲットしたお金をすぐに引き出せばお小遣いゲットクマ!
はちみつ代にするクマ~🍯🍯

🐻LINE証券公式サイトは👇こちら👇クマ🐻

LINE証券

🐻LINE FX公式サイトは👇こちら👇クマ🐻

LINE証券 FX口座開設

インデックス部門

■VT 13.22%(前回比 -1.62ポイント)

6月は少し調整もあったし、先月比で見るとわずかにマイナスになっちゃったクマね~
6月も構わず資金ができたら全つっぱしてたわけだけど、全く後悔してないクマよ🐻

投資熊
6月も資金ができたらすぐに全力買い増しをしたわけだけど、果たしてそれは正解だったのか?振り返ってみるクマ!

上の画像はクマが毎週出してる相場観測レポートコンテンツ「📈定点観測」クマね~
6月第1週目と6月最終週の数字を比べると、大きくはないけれど全体的に指数が伸びていることが確認できるクマ。
クマが普段から「本質」を意識することが大事!ってつぶやいてるけど、インデックスの本質は「基本長期的な右肩上がりに期待」して投資することであるはずなので、資金があればどんどん買っちゃう、これを意識してきたクマ。
結果、今は上げ相場傾向なのもあって、順調に資産が伸びており、今のところクマの行動は正解クマね~

パフォーマンス上位部門

■5位 アサヒHD(5857)+31.02%
■4位 ブリヂストン(5108)+36.16%
■3位 三菱UFJFG(8306)+46.28%
■2位 SPYD +50.15%
■1位 オリックス(8591)+51.29%
投資熊

今月はどうだったか、刮目クマね!!!

■5位 三菱UFJFG(8306)+41.20%

■4位 ARKK +42.90%

■3位 ブリヂストン(5108)+42.92%

■2位 SPYD +43.76%

■1位 オリックス(8591)+46.22%

投資熊
含み益自体は若干後退したものの、上位5銘柄全てが40%台と非常に安定してきたクマね!
ダーククマ
金利低下によるナスダック系回復でARKKが復調クマ!!
ARKKが気になる!→分析記事を読む🐻

パフォーマンス下位部門

■5位 QYLD +1.17%
■4位 非公開銘柄 +0.10%
■3位 INPEX(1605)-0.4%
■2位 JT(2914)-3.54%
■1位 スカパーJSAT(9412)-13.80%
投資熊
どんなに悪くてもしっかり公開するクマ!

■5位 QYLD +1.20%

■4位 JT(2914)+3.92%

■3位 GLDM -2.76%

■2位 非公開銘柄 -10.01%

■1位 スカパーJSAT(9412)-19.00%

煙草熊
パフォーマンス下位でも明暗はっきり分かれてきた感じクマー🚬🚬🚬🚬🚬

✅安定収益&宇宙開発で期待して買ったスカパーが沼に…😭😭😭

✅非公開銘柄のパフォーマンスが悪化
 →5月末時点では1.6%付近だったが、6月末付近では1.48%付近へ金利大幅低下。
 →🐻は今後も米国金利は上昇を予測してるので、どんどん買い増しを進める予定クマ🐻

✅JTは配当落ちで株価が落ちたが、プラスパフォーマンス維持

投資熊
ぶっちゃけスカパーはよほど会社が傾かない限り、余裕で配当で回収できるし、非公開銘柄は局面的に苦しいのもあるけど、長期目線なので全く問題ナッシングクマよ!
ダーククマ
マイナスの幅が大きくないし、PF全体で見ると大したダメージはないクマね~
むしろ、ポートフォリオ全体でマイナスが3銘柄しかないのはすごくいいと思うクマよ🐻

仮想通貨部門

■コインチェック枠

💰XEM(ネム)
 →1か月比 -29.85%(前回比 +15.37ポイント)
 →3か月比 -67.46%(前回比 +2.91ポイント)
 →半年比 -38.15%(前回比 -41.19ポイント)
 →1年比 +201.72%(前回比 -139.05ポイント)

投資熊
あれだけ大暴落大暴落って騒がれてたけど、クマは早めに・安い時に買っておいたので、全く問題なしクマね~
今後のことは分からないけど、上がりきってから買うのでは遅いので、許容範囲内でできるだけ早く買っておくのもいい戦法クマよ🐻
ダーククマ
過去の大失敗から学んでマイルールを貫いてる結果、まだ3バガー🍔🍔🍔維持中クマね~
 
投資熊
クマは仮想通貨は「投機」として割り切っていて、なおかつ「ハイリスクハイリターン」なので、ポートフォリオの数%に留めて「トレードせず長期保有&安い時に買って放置」しており、握力が極限まで強くなってるクマね~
ダーククマ
仮想通貨を始めるなら「500円から購入可能/アプリが使いやすい/取引が簡単」コインチェックがおすすめクマ!
積み立てもできるので、価格変動が大きい仮想通貨にとってすごくいい方法だと思うクマ!
煙草熊
いいかどうかは置いといて、ビットコインを法定通貨に採用する国も出始めたので、仮想通貨が買われやすい理由が1つできたクマ🚬🚬🚬🚬🚬🚬

🐻コインチェック公式サイトは👇こちら👇クマ🐻

コインチェック

■ビットフライヤー枠

💰BTC(ビットコイン)
 →全期間計(1/12~6/30)-1.88%(前回比 -4.21ポイント)

投資熊
マイ転しちゃったクマね😭
でも、下げるだけ下げてもらって、買い増ししたいので問題なしクマ!
まだまだ仮想通貨には発展の余地があると思ってるからクマ🐻

最後に

まだ安定はしないけれど、すごくいい結果の指標が増えてきて、しきりにテーパリングが意識されたり、いよいよ局面の転換が間近になってきたと思うクマ。
当然、今までのように何でも買えば上がるような相場ではなくなるし、しっかり業績という裏付けがある銘柄を選ばないといけなくなってくるクマ。

クマの言いたいことは、いつどのような局面だろうが全く変わらず、こういう時こそしっかり「本質」を意識していくことが大切だということクマ!

本質とは?

例えば、インデックスであれば、「長期的な右肩上がりに期待」して買ってるはずなので、安くなったら「売り」じゃなくて「買い」なはずクマ。
加えて、配当系であれば、優良銘柄であれば、短期的には打撃を受けても長期的には戻る・伸びるはずなので、安い時こそ「買い増し」なはずクマね!

こんな感じで、なぜなのか―本質をしっかり思い出せば狼狽売りなどはしなくなるはずクマね~
もちろん安くなったらクマにとっては「買い時」クマ。

今回はここまでクマ。
ぜひぜひ「Twitterフォロー、リツイート」をよろしクマ🐻
読んでいただき、ありがとうクマ!

最新情報をチェックしよう!